患者様の健康を取り戻すための、確かな技術をメディカルスポーツ
柔道整復学科

3年課程(昼間)/定員30名(男女)/付与される称号:専門士

INDEX

学科紹介

社会で必要とされる
柔道整復師に育つようサポート

本学科では、医学的な基礎知識として人体の構造や機能、そして他校ではあまり経験できない解剖学実習や生理学実習などが学べます。その上で骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の軟部組織損傷の施術法を身につけることにより、専門職として接骨院開業はもちろん、医療機関での施術、スポーツ現場での応急処置や外傷予防、その他にも介護予防で活躍できる人材を養成します。また本校では文部科学省から「専修学校教育重点支援プラン事業」の委託を受け、女性柔道整復師の必要性や新教育プログラムの調査・開発を実施しました。その結果から高校・大学などの卒業見込者、育児中の方、子育てを終えた方、スポーツに携わってきた方などのキャリアアップ・キャリアチェンジをサポートし、男性の柔道整復師はもちろんですが、女性ならではのきめ細やかなサービスも提供できる柔道整復師の養成にも力を注いでいます。

本学科の特長
  • (財)日本体育協会公認スポーツ指導者養成講習会免除適応学科に認定されています。
  • NPO法人日本スポーツリハビリテーション学会認定トレーナー養成学科に認定されています。
  • 心・知識・技術のバランスがとれた柔道整復師を養成します。
  • 国家試験合格をめざした、受験対策用カリキュラムが充実しています。
  • 豊富な臨床経験を誇る教員が、基礎技術を徹底指導します。
取得できる資格

柔道整復師国家試験受験資格

厚生労働大臣指定の柔道整復師養成校である本校では、卒業と同時に柔道整復師国家試験の受験資格が取得できます。
めざす資格
  • (財)日本体育協会公認スポーツリーダー(共通科目Ⅰ・Ⅱ)
  • NPO法人日本スポーツリハビリテーション学会認定トレーナー
卒業後の活躍の場
  • 独立開業
  • 接骨院
  • 病院・医院(整形外科・リハビリテーション科など)
  • スポーツ施設
  • 福祉施設 など
柔道整復師へのステップ

本学科の卒業時には専門士の称号が付与されます。専門士には大学への編入学資格が与えられますので、本学科を卒業した後には、大学への編入学の道を選択し、学士の学位を取得することもできます。

学科DATA

平成29年度(平成30年3月卒業生)

  • 専門職就職率
  • 100%求人倍率:140.9倍

柔道整復師
国家試験合格率

  • 平成27年度
    (平成28年3月卒業生)
    40.9%全国平均合格率64.3%
  • 平成28年度
    (平成29年3月卒業生)
    88.9%全国平均合格率63.5%
  • 平成29年度
    (平成30年3月卒業生)
    87.5%全国平均合格率58.4%

平成29年度就職状況(分野)

平成29年度卒業生就職先※一部抜粋、敬称略、順不同

  • 株式会社クラシオン接骨院グループ
  • キズナ整骨院
  • かまた鍼灸整骨院
  • 株式会社ヤマチコーポレーション 機能訓練専門デイサービス きたえるーむ郡山台新
  • 医療法人ゆとり さくらスポーツ整形外科クリニック
  • 鈴木接骨院

卒業後の主な活躍の場※一部抜粋

  • 接骨院

    接骨院は、個人や株式会社が運営しています。幅広い年齢層の患者様が来院され、打撲や捻挫の手当てなどを行います。

  • スポーツ施設

    スポーツ施設では、アスリートや一般の方へトレーニング指導を行い、コンディショニングや負傷した部位の施術を行います。 

  • 福祉施設

    デイサービスやショートステイでは、主に利用者様に対して運動指導を行い、寝たきりの防止や活動性の維持・向上をサポートします。

カリキュラム

※一部抜粋
1年次
専門基礎分野では体の仕組みと働きを学びます
科 目
基礎分野 人間発達学、栄養学、情報処理概論、医療倫理、運動の科学Ⅰ、保健体育 他
専門基礎分野 解剖学Ⅰ、生理学Ⅰ(動物系)、生理学Ⅱ(植物系)、整形外科学、柔道Ⅰ 他
専門分野 柔道整復学総論、包帯法、柔道整復特論Ⅰ、臨床柔道整復学Ⅰ(軟組損傷)、臨床実習Ⅰ 他
2年次
臨床柔道整復学では骨折・脱臼・捻挫などについて学びます
科 目
基礎分野 運動の科学Ⅱ
専門基礎分野 解剖学Ⅱ、解剖学実習、スポーツ生理学、運動学、病理学概論、外科学概論、職業倫理 他
専門分野 柔道整復特論Ⅱ、臨床柔道整復学Ⅱ(脱臼)、臨床柔道整復学Ⅲ(骨折上肢)、臨床柔道整復学Ⅳ (骨折下肢・体幹)、柔道整復実技Ⅱ(脱臼)、老年学(外傷予防) 他
3年次
専門的な学習と国家試験に向けて対策を行います
科 目
専門基礎分野 生体構造特論、生体機能特論、柔道Ⅲ、関係法規
専門分野 基礎柔道整復セミナー、臨床柔道整復学セミナー、臨床的判断(画像理解)、柔道整復実技セミナー、臨床実習Ⅲ

メディカルスポーツ柔道整復学科の時間割(例)〈1年生〉

mon tue wed thu fri
1時限目/9:00〜10:30 柔道整復学総論 外国語 包帯法 柔道整復学総論 柔道整復学総論
2時限目/10:40〜12:10 保健体育 栄養学 柔道整復実技Ⅰ 柔道Ⅰ 生理学Ⅰ
3時限目/13:00〜14:30 臨床柔道整復学Ⅰ 解剖学Ⅰ   スポーツ予防学 包帯法

[臨床実習Ⅰ]

校内にある「附属キース鍼灸接骨院」において実際の現場を想定しながら授業を行います。座学で学んだ内容を復習しながら、実技としてフィードバックすることで、知識と技術を習得していきます。現場に出てから役立つ実践力を身につけるため、他校よりも臨床実習の単位数を多く設けているのも本学科の特長です。 

現場を想定し患者役から症状をヒアリング!その施術方法について小グループでディスカッションを行います。

座学で学んだ内容を振り返り実践へ!先生のサポートを受けながら、施術方法のシミュレーションを行います。

メディカルスポーツ柔道整復学科 教員紹介

学科長

こくぶん よしゆき國分 義之

資格、学位等
柔道整復師/修士(工学)
担当科目
臨床実習/包帯法

信頼され活躍できる柔道整復師をめざす

医学の科学的根拠を取り入れ、外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靭帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることを基本として、スポーツ現場や地域の方々に信頼され活躍できる柔道整復師をめざし、一緒に勉強しませんか!

学科長

こくぶん よしゆき國分 義之

担当科目
臨床実習/包帯法

柔道整復師/修士(工学)

信頼され活躍できる柔道整復師をめざす

医学の科学的根拠を取り入れ、外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靭帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることを基本として、スポーツ現場や地域の方々に信頼され活躍できる柔道整復師をめざし、一緒に勉強しませんか!

教員

おおうち かなえ大内 佳奈江

担当科目
臨床柔道整復学セミナー/関係法規

柔道整復師/修士(工学)

思いやりのある柔道整復師を目指して

超高齢社会となった現在、柔道整復師が社会で活躍できる仕事の幅が広がってきましたが、高齢の患者様は基礎疾患を持つ方が多いため、以前に増して幅広い知識と専門性が求められるようになりました。また、患者様は身体だけでなく心も痛めている方が多くいらっしゃるので、思いやりの気持ちで患者様へ施術ができる柔道整復師を目指して頑張りましょう!目標を持ち努力する方をサポートします!

教員

たかの まさかず高野 正和

担当科目
柔道整復特論/臨床柔道整復学/柔道整復学実技

柔道整復師

柔道整復師業界の精鋭を目指して

近年、接骨院・柔道整復師がどんどん増え、業界内の規制や競争も厳しくなっています。ですが一方で様々なネットワークや超高齢社会により、しっかりとした対応力を身につける事で、今後柔道整復師が活躍できる場所は増やせると思います。医師指導のもと整形外科で携わってきた外傷の治療経験を踏まえ、国家試験合格はもちろん、柔道整復師業界の精鋭となる医療人の教育を目指しサポートします。プロを目指して一緒に勉強がんばりましょう!

教員

まだらめ しんじ斑目 真司

担当科目
柔道整復学総論/柔道整復実技Ⅲ

柔道整復師

国家試験合格を目標に

当校卒業後、県内の接骨院で勤務してきました。実際に臨床の現場で患者様と触れ合い、感じた事を学生の皆様に少しでも伝えられればと思います。3年間という学校生活はあっという間に過ぎます。国家試験合格を目標に一緒に頑張りましょう。

教員

ふく やすき福 安喜

担当科目
臨床柔道整復学Ⅱ・Ⅲ

柔道整復師

医療やスポーツなど、幅広い分野で活躍できます

柔道整復術は柔術の活法を元に発達した医術です。
その技術を受け継ぐ柔道整復師は、医療現場はもちろん、介護やスポーツの現場まで、幅広い分野での社会的要望が高く求められています。
基礎医学に基づき段階的に人体を学び、臨床に役立つ骨折、脱臼、捻挫、挫傷の発生メカニズムを知り、その処置法、リハビリ訓練をして社会復帰をできるようにする学問です。
「柔道整復師」の国家資格は国家試験に合格して取得できます。
柔道整復師をめざす皆さんの夢を実現するよう応援します。

メディカルスポーツ柔道整復学科

痛みを和らげ、今できることを続けることは、利用者様の生きる意欲につながるんです。

佐藤 寿記さん2011.3月卒

勤務先

社会福祉法人郡山福祉会
特別養護老人ホームうねめの里

卒業後、整形外科・通所リハビリを経て、2014年にこの施設に入職しました。整形外科では患者様も幅広く、機能回復や痛みの軽減を求められていました。治ると「良くなったよ」と言って動きで見せてくれる。そこにやりがいがありました。現在は要介護3以上の入居者様がほとんどです。一人ひとりに合わせた計画書を作り、カンファレンスで介護職員や看護師らと話し合いながら生活支援を行います。入居者様は70名。柔道整復師は全員の身体の状態を把握し、どんな小さなことでも、今できることを続けていくために支援します。劇的な回復でなくても、ふとした動作ができたのを見ると嬉しいですね。例えば入所時に「車いすの自走不可」と伝えられたお婆さんが、徐々に心を開いてやる気になり、今では車いすで施設内を歩き回っています。車いすを押し続けていたら、できないままでした。同じリハビリ職でも、打撲や脱臼をケアし、痛みを和らげられるのが柔道整復師です。痛みや筋力の衰えは生活の意欲を低下させます。普通に動けることは素晴らしいんです。介護予防の観点から、地域向けの勉強会の講師なども担当しています。私はスポーツ分野から柔道整復師をめざしたので、学生時代の自分が今の自分を見たら驚くかもしれません。でも実際にこの仕事をしている今、正直に、働いていて楽しいと感じるんですよね。

Read more 〉〉〉

ほかにもこんなページが読まれています!

ページのトップへ