患者様の健康を取り戻すための、確かな技術をメディカルスポーツ
柔道整復学科

3年課程(昼間)/定員30名(男女)/付与される称号:専門士

INDEX

学科紹介

社会で必要とされる
柔道整復師に育つようサポート

本学科では、医学的な基礎知識として人体の構造や機能、そして他校ではあまり経験できない解剖学実習や生理学実習などが学べます。その上で骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の軟部組織損傷の施術法を身につけることにより、専門職として接骨院開業はもちろん、医療機関での施術、スポーツ現場での応急処置や外傷予防、その他にも介護予防で活躍できる人材を養成します。また本校では文部科学省から「専修学校教育重点支援プラン事業」の委託を受け、女性柔道整復師の必要性や新教育プログラムの調査・開発を実施しました。その結果から高校・大学などの卒業見込者、育児中の方、子育てを終えた方、スポーツに携わってきた方などのキャリアアップ・キャリアチェンジをサポートし、男性の柔道整復師はもちろんですが、女性ならではのきめ細やかなサービスも提供できる柔道整復師の養成にも力を注いでいます。

本学科の特長
  • (財)日本体育協会公認スポーツ指導者養成講習会免除適応学科に認定されています。
  • NPO法人日本スポーツリハビリテーション学会認定トレーナー養成学科に認定されています。
  • 心・知識・技術のバランスがとれた柔道整復師を養成します。
  • 国家試験合格をめざした、受験対策用カリキュラムが充実しています。
  • 豊富な臨床経験を誇る教員が、基礎技術を徹底指導します。
取得できる資格

柔道整復師国家試験受験資格

厚生労働大臣指定の柔道整復師養成校である本校では、卒業と同時に柔道整復師国家試験の受験資格が取得できます。
めざす資格
  • (財)日本体育協会公認スポーツリーダー(共通科目Ⅰ・Ⅱ)
  • NPO法人日本スポーツリハビリテーション学会認定トレーナー
卒業後の活躍の場
  • 独立開業
  • 接骨院
  • 病院・医院(整形外科・リハビリテーション科など)
  • スポーツ施設
  • 福祉施設 など
柔道整復師へのステップ

本学科の卒業時には専門士の称号が付与されます。専門士には大学への編入学資格が与えられますので、本学科を卒業した後には、大学への編入学の道を選択し、学士の学位を取得することもできます。

学科DATA

2019年度(2020年3月卒業生)

  • 専門職就職率
  • 100%求人倍率:67.0倍

2019年度(2020年3月卒業生)

  • 柔道整復師
    国家試験合格率
  • 91.7%全国平均合格率64.5%

2019年度就職状況(分野)

卒業生就職先例※一部抜粋、敬称略、順不同

  • 株式会社よくする 鈴木接骨院
  • 株式会社レーベン せんじゅ美骨鍼灸整骨院
  • スポーツ&メディカルフィットネス リ・バース
  • 株式会社くまのみ 整骨院グループ
  • ののか整骨院

卒業後の主な活躍の場※一部抜粋

  • 接骨院

    接骨院は、個人や株式会社が運営しています。幅広い年齢層の患者様が来院され、打撲や捻挫の手当てなどを行います。

  • スポーツ施設

    スポーツ施設では、アスリートや一般の方へトレーニング指導を行い、コンディショニングや負傷した部位の施術を行います。 

  • 福祉施設

    デイサービスやショートステイでは、主に利用者様に対して運動指導を行い、寝たきりの防止や活動性の維持・向上をサポートします。

カリキュラム

※一部抜粋
1年次
専門基礎分野では体の仕組みと働きを学びます
科 目
基礎分野 人間発達学、栄養学、情報処理概論、医療倫理、運動の科学Ⅰ、保健体育 他
専門基礎分野 解剖学Ⅰ、生理学Ⅰ(動物系)、生理学Ⅱ(植物系)、整形外科学、柔道Ⅰ 他
専門分野 柔道整復学総論、包帯法、柔道整復特論Ⅰ、臨床柔道整復学Ⅰ(軟組損傷)、臨床実習Ⅰ 他
2年次
臨床柔道整復学では骨折・脱臼・捻挫などについて学びます
科 目
基礎分野 運動の科学Ⅱ
専門基礎分野 解剖学Ⅱ、解剖学実習、スポーツ生理学、運動学、病理学概論、外科学概論、職業倫理 他
専門分野 柔道整復特論Ⅱ、臨床柔道整復学Ⅱ(脱臼)、臨床柔道整復学Ⅲ(骨折上肢)、臨床柔道整復学Ⅳ (骨折下肢・体幹)、柔道整復実技Ⅱ(脱臼)、老年学(外傷予防) 他
3年次
専門的な学習と国家試験に向けて対策を行います
科 目
専門基礎分野 生体構造特論、生体機能特論、柔道Ⅲ、関係法規
専門分野 基礎柔道整復セミナー、臨床柔道整復学セミナー、臨床的判断(画像理解)、柔道整復実技セミナー、臨床実習Ⅲ

メディカルスポーツ柔道整復学科の時間割(例)〈1年生〉

mon tue wed thu fri
1時限目/9:00〜10:30 柔道整復学総論 外国語 包帯法 柔道整復学総論 柔道整復学総論
2時限目/10:40〜12:10 保健体育 栄養学 柔道整復実技Ⅰ 柔道Ⅰ 生理学Ⅰ
3時限目/13:00〜14:30 臨床柔道整復学Ⅰ 解剖学Ⅰ   スポーツ予防学 包帯法

[柔道整復実技Ⅲ]

2年生で学ぶ柔道整復実技Ⅲの授業では、1年生で学んだ解剖学などの基礎知識をもとに、腕や指が骨折したとき、実際どのような手当てを行うかを習得します。スポーツ選手や高齢者など、同じ骨や部位でもその人によって折れ方が違ったり、固定の方法が違うため、様々なケースを想定して、より臨床現場に近い技術を学べるのも本学科の特長です。

まずは、ケガの状態をしっかり把握するために、骨の折れ方についての仕組みを復習します。そして治療方法だけではなく、検査や患者様を介助する方法も学びます。

授業で学んだ内容を振り返り実践へ!先生のサポートを受けながら、施術方法のシミュレーションを行います。

メディカルスポーツ柔道整復学科 教員紹介

学科長

こくぶん よしゆき國分 義之

資格、学位等
柔道整復師/修士(工学)
担当科目
臨床実習/包帯法

信頼され活躍できる柔道整復師をめざす

医学の科学的根拠を取り入れ、外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靭帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることを基本として、スポーツ現場や地域の方々に信頼され活躍できる柔道整復師をめざし、一緒に勉強しませんか!

学科長

こくぶん よしゆき國分 義之

担当科目
臨床実習/包帯法

柔道整復師/修士(工学)

信頼され活躍できる柔道整復師をめざす

医学の科学的根拠を取り入れ、外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靭帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることを基本として、スポーツ現場や地域の方々に信頼され活躍できる柔道整復師をめざし、一緒に勉強しませんか!

主任

おおうち かなえ大内 佳奈江

担当科目
臨床柔道整復学セミナー/関係法規

柔道整復師/修士(工学)

思いやりのある柔道整復師を目指して

超高齢社会となった現在、柔道整復師が社会で活躍できる仕事の幅が広がってきましたが、高齢の患者様は基礎疾患を持つ方が多いため、以前に増して幅広い知識と専門性が求められるようになりました。また、患者様は身体だけでなく心も痛めている方が多くいらっしゃるので、思いやりの気持ちで患者様へ施術ができる柔道整復師を目指して頑張りましょう!目標を持ち努力する方をサポートします!

教員

たかの まさかず高野 正和

担当科目
柔道整復特論/臨床柔道整復学/柔道整復学実技

柔道整復師

柔道整復師業界の精鋭を目指して

近年、接骨院・柔道整復師がどんどん増え、業界内の規制や競争も厳しくなっています。ですが一方で様々なネットワークや超高齢社会により、しっかりとした対応力を身につける事で、今後柔道整復師が活躍できる場所は増やせると思います。医師指導のもと整形外科で携わってきた外傷の治療経験を踏まえ、国家試験合格はもちろん、柔道整復師業界の精鋭となる医療人の教育を目指しサポートします。プロを目指して一緒に勉強がんばりましょう!

教員

まだらめ しんじ斑目 真司

担当科目
柔道整復学総論/柔道整復実技Ⅲ

柔道整復師

国家試験合格を目標に

当校卒業後、県内の接骨院で勤務してきました。実際に臨床の現場で患者様と触れ合い、感じた事を学生の皆様に少しでも伝えられればと思います。3年間という学校生活はあっという間に過ぎます。国家試験合格を目標に一緒に頑張りましょう。

教員

ふく やすき福 安喜

担当科目
臨床柔道整復学Ⅱ・Ⅲ

柔道整復師

医療やスポーツなど、幅広い分野で活躍できます

柔道整復術は柔術の活法を元に発達した医術です。
その技術を受け継ぐ柔道整復師は、医療現場はもちろん、介護やスポーツの現場まで、幅広い分野での社会的要望が高く求められています。
基礎医学に基づき段階的に人体を学び、臨床に役立つ骨折、脱臼、捻挫、挫傷の発生メカニズムを知り、その処置法、リハビリ訓練をして社会復帰をできるようにする学問です。
「柔道整復師」の国家資格は国家試験に合格して取得できます。
柔道整復師をめざす皆さんの夢を実現するよう応援します。

メディカルスポーツ柔道整復学科

患者様からの「ありがとう」
「楽になったよ」の言葉が
何よりのやりがいです。

佐藤 千晶さん2017年度卒業

勤務先

医療法人慈繁会付属 トータルヘルスクリニック

卒業後はデイサービスに勤めていましたが、現在はクリニックの生活リハビリテーション科で患者様の手技療法を担当しています。患者様との関わり方は以前の仕事と共通する部分も多いですが、医療現場で働く立場になり、郡山健康科学専門学校で習った基礎医学の大切さを実感しています。ここでは医師の処方箋に基づいて手技療法やリハビリを行うので、患者様が安心して施術に臨めるのが特徴です。ただ、処方箋はありますが、具体的な施術は患者様ごとに変わってきます。たとえば同じ肩の手技療法を行うにしても、筋肉の硬さや脂肪の付き具合は人によって違ってくるため、効果的な施術になるよう、押し方や体重の乗せ方などを意識的に変えています。また、同じ強さで施術をしても痛いと感じるか心地よいと感じるかは人それぞれです。患者様への丁寧な問診や施術中のコミュニケーションも欠かせません。
ここに来る患者様は長年の痛みや悩みを抱えている方が多いです。施術の際、私が笑顔でいないと気持ちまでどんよりしてしまうので、目線をできるだけ合わせながら少しでも痛みが和らぐように接しています。手技療法で「痛みが楽になったよ」「ありがとう」と感謝してもらえるのがやりがいです。中には施術直後から長年の筋肉の張りが和らいだ患者様もいて、自信にもつながっています。

Read more 〉〉〉

ほかにもこんなページが読まれています!

ページのトップへ