本学全体の最新情報をお届けしますお知らせ

作業療法学科

福島県作業療法学会にて発表いたしました。

11月8日(日)、郡山市のユラックス熱海にて「平成27年度福島県作業療法学会」が開催され、作業療法学科3年生に演題を発表する機会をいただきました。
 
演題は、授業科目であるリハビリテーション工学演習で研究した「非利き手で実用的に箸を使う-効率的な練習方法の検討-」「環境音は“ワーキングメモリー”にどのような影響を及ぼすのか」「姿勢によってパーソナルスペースは変化するか」とし、発表しました。
臨床でご活躍される作業療法士の先生方から貴重なご意見、アドバイスをいただきました。 
 
特別講演では、日本作業療法士協会生活行為向上マネジメント推進委員長の谷川真澄先生による「生活行為向上マネジメントに託す-感じて、つないで、伝えよう作業療法-」のご講演を聴講させていただき、これから専門職をめざす者として、実り多い経験を得ることができました。この場をお借りして感謝申しあげます。

<
一覧に戻る
>

ページのトップへ