こども未来学科

子どもの成長する姿に感動して保育士をめざしました。一人ひとりの気持ちに寄り添い支えていきたいと思います。

2017.3月卒

今野 芳美さん

[勤務先]郡山健康科学専門学校附属キッズ東都学園保育所

アルバイト先で、生まれたばかりの赤ちゃんと弟の世話をしていた時期があって、子どもが成長する姿を間近に感じました。昨日できなかったのに今日歩けたり、字が書けるようになったり、箸が使えるようなったりする。それに感動して「保育士になろう」と決めたんです。高校は4年間の通信制だったんですが、卒業を待たずに高卒程度認定試験を受けて、この専門学校に入学。そしてキッズ東都学園保育所の開設とともに保育士になりました。実際の仕事では、やりがいも、大変なこともたくさんあります。子ども達は個性的で毎日がとても楽しい。でも、中にはみんなと一緒に行動することが難しい子や、ゆっくり日課をこなしたい子もいます。年齢が違えばできることにも差が出ます。ただ、ルールを無理強いしたり年上だからと我慢させたりするのは違うと思うんですよね。その子の気持ちを汲み取りつつ成長に導くために、一人ひとりに寄り添って保育しているつもりです。経験が浅いので手探り状態ですが、授業で行なったロールプレイングは、とても役に立っています。現場を経験してきた先生を真似る中で感覚をつかみ、子どもにかける言葉を増やせたのだと思います。また、最近、ずっと取りたかった「おもちゃインストラクター」の資格を取りました!!次はおもちゃコンサルタントの資格も取って保育に活かしていきます。

ページのトップへ