各学科ごとのイベントや、
日々の授業風景などをご紹介します
トピックス

理学療法学科

OSCE(実技試験)に向けて

現在、応用理学療法学科の2年生が行なっているのはOSCE(オスキー; 客観的臨床能力試験)に向けての取り組みです。OSCEとは12月中旬に行われる実技試験のことで、3年に進級後、すぐに実施される「実習」において必要な技術があるかテストされるものです。関節の可動域の測定や筋力検査、各種測定項目など覚える検査方法が多数あるため、放課後、学生同士で集まり、実技の練習を行なっています。
 
実際に患者様を触るときに正確で迅速な対応ができるようになるためにも、理学療法士である教員に相談したり、クラスの学生同士で確認しあったり、コミュニケーションをとりながら行うことが重要なことだと感じています。クラス全員が試験を突破できるように全員で助け合いながら頑張ります!

<
一覧に戻る
>

ページのトップへ