万全のサポートで安心した学生生活を学生SUPPORT

国家試験合格へと導く、整った学習環境、
さらに、充実の学生生活まで、しっかりとサポート。

  • 1
    高校既卒者(社会人、大学生等)も広く受け入れています。

    社会人や大学を卒業された方が専門学校へ再進学する傾向が年々高まり、本校にもそのような学生がたくさんいます。家庭を持たれながら通学される方も増えています。本校では全学科で高校既卒者を広く受け入れており、社会人対象の特別な入試も実施しています。

  • 2
    単位互換・編入学

    他の医療福祉系専門学校や大学等で修得した単位を、本校の単位に互換することができます。また、一定数以上の単位を取得している方であれば、編入学することも可能です。詳しくは入学相談室までお問合せください。

    • 3
      通学サポート
      学生駐車場

      公共交通機関での通学が不便な方に、学生駐車場をご用意しております。本校まで徒歩約5分の距離にあります。希望する場合は、入学願書「学生駐車場について」欄の「1.学生駐車場の利用を希望する」を選択してください。※駐車区画数には限りがあります。

      ○使用料:月額2,000円(平成30年4月1日現在)

    • 通学定期・学生割引

      本校に在籍する学生は、通学や遠距離旅行でJR等を利用する際に、学生割引が適用になります。

      無料スクールバス

      本校に在籍する学生は、いつでも無料スクールバスを利用できます。JR郡山駅前~本校間を授業開始時刻と終了時刻に合わせて送迎しています(午前9便、午後7便)。
      ※雨天などによって利用者が多い日は、乗車できないことがあります。
      ※入学試験で来校する際は利用できません。

  • 4
    合格するまで、ずっとサポート!

    本校では全員合格をめざし、教員が一丸となって様々な国家試験対策を企画し実施しています。しかし、受験当日に不慮の体調不良などで実力を発揮できないまま卒業してしまっても、引き続き学校全体が「合格するまで、ずっと」サポートします。
    (授業料を納める必要はありません)

  • 5
    スクールカウンセリング

    本校にはカウンセリングルームがあります。友人関係のこと、勉強のこと、日々の生活のことなど、どんなに些細なことでも構いません。悩みを持ったら、その悩みが深く大きくならないよう、そして豊かな学生生活が送れるよう、スクールカウンセラー(臨床心理士)がみなさんをバックアップします。もちろん、プライバシーは守られます。

  • 6
    附属キース鍼灸接骨院

    本校附属として設置しているキース鍼灸接骨院は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷を中心とした外傷処置を施しています。また、各種健康保険・自賠責保険を取扱い、地域の医療機関と連携を図りながら、よりよいサービスが提供できるよう努めています。本校に在籍する学生には、福利厚生施設の1つとして、医療費の自己負担分を免除しています。

  • 7
    附属キッズ東都学園保育所

    平成29年4月1日、内閣府が認定した本校附属の保育所が開所しました。本校に隣接した場所にあり、地域の子ども(就学前の乳幼児)はもちろんですが、在校生の子どもも預かり、ご家庭をお持ちの方の再進学をサポートします。

  • 8
    「高度専門士」「専門士」の付与と更なる進学への道
    • こども未来学科及び介護福祉学科並びにメディカルスポーツ柔道整復学科において、卒業と同時に「専門士」の称号が付与されます。これは、文部科学大臣の告示により、①修業年限2年以上②総授業時間1,700時間以上③試験などにより成績評価を行うという要件を満たしているからです。「専門士」には大学編入学資格が与えられ、卒業時の進路の一つに「大学編入学」の道が開かれます。
    • また、①修業年限4年以上②総授業時間3,400時間以上③体系的に教育課程が編成されていることという要件を満たしている学科を卒業する方には「高度専門士」の称号が与えられます。本校では作業療法学科及び理学療法学科が該当します。「高度専門士」には、大学卒業者と同様に「大学院入学資格」が与えられ、「修士」さらに「博士」の学位取得への道が開かれます。
  • 9
    定期健康診断・各種学生保険

    本校では、学校保健安全法に基づき毎年1回健康診断を実施しています。本校に在籍する学生は、例年6月末日までに全員受診しています。また「専修学校各種学校学生生徒災害傷害保険」に全員加入しています。これは、学生生活における傷害事故や実習中などの賠償事故に対する補償のための保険です。更にインターンシップ活動賠償責任保険制度、学校賠償責任保険制度にも加入しています。

ほかにもこんなページが読まれています!

ページのトップへ