社会人・高校既卒者向け支援制度

就学支援型入学試験制度

出願資格

出願資格1
高等学校を卒業した者、またはそれと同等以上の学力があると認められた者で、平成9年4月1日までに生まれた者(平成31年4月1日時点の満年齢が22歳以上)で、合格後、入学することを確約できる者。
出願資格2
高等学校を卒業した者、またはそれと同等以上の学力があると認められた者で、保育・医療・介護分野に従事した経験を有する者、または接骨院等の長の推薦を受けた者(メディカルスポーツ柔道整復学科受験者のみ)で、合格後、入学することを確約できる者。【年齢不問】
出願資格3
高等学校を卒業した者、または平成31年3月卒業見込の者またはそれと同等以上の学力があると認められた者の中より、一人親世帯であり、進学を強く志す者(年齢不問)で、合格後、入学することを確約できる者。

選考方法/試験時間

特典

学費減免:入学手続時及び進級毎に学納金のうち10万円(年額)を免除します。

制度について詳しくは、募集要項をご覧ください。

専門実践教育訓練給付金制度

一定の条件を満たす在職者や離職者が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を修了した場合、その教育訓練施設に納めた学費等の一部を、支給する制度です。

在職者/
講座の受講開始日(入学日)までに、雇用保険の一般被保険者の方のうち、支給要件期間が通算2年以上ある方。
離職者/
離職日の翌日から受講開始日までが一年以内であり、雇用保険の一般被保険の支給要件期間が過去2年以上ある方。

本校の指定講座

本校で指定を受けた講座は、以下の3学科となります

支給額の例

※支給の要件は個人では判断がつきにくいケースがありますので、最寄のハローワークでお早めに確認することをおすすめします。

手続きの流れ

ほかにもこんなページが読まれています!

ページのトップへ