専門職としての技術と、患者様を支える人間力を理学療法学科

4年課程(昼間)/定員80名(男女)/付与される称号:高度専門士

INDEX

学科紹介

身体機能を回復に導くスペシャリストを養成します。

「理学療法」とは、病気・ケガ・高齢・障がいなどによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動・温熱・電気・水・光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。「理学療法士 Physical Therapist(PT)」とは、運動機能に障がいのある人や障がいの発生が予測される人に対して、理学療法により回復・維持・予防を図る医学的リハビリテーションの専門職です。理学療法士の活躍の場は、医療・介護分野だけでなく、予防医療やスポーツ分野などの多方面に広がりつつあります。将来、臨床や研究で活躍できる知識や人間性を兼ね備えた理学療法士を養成するために、豊富な臨床・研究経験を持つ教員が指導にあたります。本学科では徹底した専門的教育と実習を通して、病気や障がいを持つ人々にとって、有効な健康行動やライフスタイルがどのようなものであるのかを、科学的に分析することのできる、人間味あふれる理学療法士を養成しています。

本学科の特長

学習支援体制の強化 放課後の自己学習支援や、スモールグループ学習の推奨など、時間の許す限り学生へのサポートを実施しています。国家資格取得に向けて、教員一丸となって指導します。

就職活動や実習に役立つ資格に対応したカリキュラム 福祉住環境コーディネーター試験や文章読解・作成能力検定試験に対応したカリキュラムで、就職活動や臨床実習に役立つ資格の取得をめざすことができます。即戦力となれるように資格取得を支援しています。

じっくり話し合う個人面談 毎年2回以上の個人面談を実施しています。学業や学生生活に関することなど、個人に合わせてしっかりとサポートします。

取得できる資格

理学療法士国家試験受験資格

厚生労働大臣指定の理学療法士養成校である本校では、卒業と同時に理学療法士国家試験の受験資格が取得できます。
めざす資格

福祉住環境コーディネーター 2級
文章読解・作成能力検定 3級

卒業後の活躍の場

総合病院、大学附属病院、リハビリテーションセンター、療育センターなどの医療機関
保健所、保健センターなどの行政機関
教育・研究機関
医療機器関連企業
介護老人保健施設、デイサービスなどの高齢者介護、福祉施設
健康増進センター など

理学療法士へのステップ

本学科の卒業時には高度専門士の称号が付与されます。高度専門士には大学卒業者と同様に大学院への入学資格が与えられますので、本学科を卒業した後には、大学院への道を選択し、修士さらには博士の学位を取得することもできます。

学科DATA

2019年度(2020年3月卒業生)

  • 専門職就職率
  • 100%求人倍率:68.1倍

2019年度(2020年3月卒業生)

  • 理学療法士
    国家試験合格率
  • 90.9%全国平均合格率86.4%

2019年度就職状況(分野)

卒業生就職先例※一部抜粋、敬称略、順不同

  • 公益財団法人 星総合病院
  • 公立大学法人福島県立医科大学 会津医療センター
  • 学校法人日本医科大学 日本医科大学付属病院
  • 社団医療法人呉羽会 呉羽総合病院
  • 公益財団法人湯浅報恩会 寿泉堂綜合病院
  • 医療法人社団三成会 南東北春日リハビリテーション病院
  • 社会医療法人秀公会 あづま脳神経外科病院

卒業後の主な活躍の場※一部抜粋

  • 医療機関

    医療法で定められた医療を提供する施設のことで医院や病院、あるいは診療所で患者様を治療します。

  • 介護老人保健施設

    介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰をめざすために、様々なサービスを提供する施設です。

  • 機能訓練型デイサービス

    利用者様を午前、午後と分け、食事、入浴を省いた機能訓練、身体介護を半日で重点的にケアするのが特徴です。

カリキュラム

※一部抜粋
1年次
理学療法の役割やチーム医療について学びます
科 目
基礎分野 哲学、心理学、法学、医療倫理、社会福祉学、統計学、物理学 他
専門基礎分野 骨・筋系解剖学、内臓系解剖学、神経系解剖学、解剖学実習Ⅰ、神経系機能生理学 他
専門分野 基礎理学療法学Ⅰ、理学療法演習Ⅰ、医療入門、生活環境・機器論、看護・介護概論
2年次
理学療法士の基本となる知識や技術を学びます
科 目
基礎分野 英会話Ⅱ
専門基礎分野 解剖学実習Ⅱ、運動学Ⅱ、整形外科学、人間発達学、病理学、臨床心理学、内科学 他
専門分野 基礎理学療法学Ⅱ、理学療法演習Ⅱ、検査・測定演習Ⅰ、運動療法学、運動療法演習 他
3年次
3年次臨床実習に向け専門的な分野の学習を行います
科 目
専門基礎分野 作業療法概論、言語療法概論
専門分野 理学療法演習Ⅲ、スポーツ理学療法学、理学療法評価学、中枢系理学療法学Ⅱ、筋骨格系理学療法学、呼吸・循環器系理学療法学、評価実習 他
4年次
これまでの学習の集大成となる臨床実習を行います
科 目
専門分野 理学療法研究法、理学療法マネージメント論、総合演習、臨床実習

理学療法学科の時間割(例)〈1年生〉

mon tue wed thu fri
1時限目/9:00〜10:30 統計学 情報リテラシー 物理学 医療倫理 解剖学Ⅰ
2時限目/10:40〜12:10 人体の構造と機能 運動学Ⅰ コミュニケーション論 化学 解剖学Ⅰ
3時限目/13:00〜14:30 基礎理学療法学   医療入門 運動療法演習 生理学Ⅰ
4時限目/14:40〜16:10 保健体育   外国語    

[物理療法学]

電気、電磁波、温熱などの物理的エネルギーを用いた物理療法の生体への効果や特性、安全な機器の操作方法について学びます。物理療法は運動療法と併せて行うことで、さらに効果的な理学療法を提供できるようになります。

学生同士でペアを組み、講義の内容をお互いに確認しながら、様々な物理療法を実施し、身体の変化を計測します。

測定には正確さが求められます。何度も繰り返し練習を行い、正しい技術を身につけます。

理学療法学科 教員紹介

学科長

はしもと まさお橋本 雅郎

資格、学位等
理学療法士/修士(障害科学)
担当科目
医療入門/植物機能生理学/理学療法評価学

「人を幸せにできる」理学療法士を

疾病や障害に悩む方々のリハビリテーション、スポーツによるケガの予防やパフォーマンスの向上など、理学療法士は大変幅広く活躍しています。
自分の力で直接その人を幸せにできる、このような人生、一緒に歩んでみませんか?

学科長

はしもと まさお橋本 雅郎

担当科目
医療入門/植物機能生理学/理学療法評価学

理学療法士/修士(障害科学)

「人を幸せにできる」理学療法士を

疾病や障害に悩む方々のリハビリテーション、スポーツによるケガの予防やパフォーマンスの向上など、理学療法士は大変幅広く活躍しています。
自分の力で直接その人を幸せにできる、このような人生、一緒に歩んでみませんか?

主任

かわさき もえ川﨑 萌絵

担当科目
呼吸・循環器系理学療法学/運動療法学/運動療法演習/検査・測定演習Ⅱ

理学療法士/呼吸療法認定士(3学会合同)

「思いやり」を持った理学療法士に

理学療法士としてリハビリテーションに携わるなかで、誰かのために学んで、誰かのために考える、とてもやりがいのある仕事だと感じています。
そんな「思いやり」をもった理学療法士になれるよう、サポートしていきたいと思っています。

主任

そえた たけひと添田 健仁

担当科目
物理療法学/中枢系理学療法学Ⅰ・Ⅱ/義肢装具学演習

理学療法士/専門理学療法士(神経系)/認定理学療法士(脳卒中)/介護支援専門員/福祉住環境コーディネーター2級

希望を託される理学療法士へ

リハビリテーションに奇跡を望むことは難しいです。しかし、理学療法士は患者さんや利用者さんの希望になれる存在だと思います。そんな希望を託していただける理学療法士を共に目指しましょう。

教員

えんどう としひろ遠藤 敏裕

担当科目
リハビリテーション概論/リハビリテーション医学/老年期理学療法学

理学療法士/修士(工学)

人間味のある理学療法士を

医療技術者にとって治療技術は大事ですが、もっと大事なのは人間性です。「人が好き」「人に好かれる」理学療法士を育てたい。患者様に信頼されるような医療人を育んでいきたい。みんなと楽しく、人間味のある「ヒト」を目指しませんか。

教員

あらき もとかず荒木 芳一

担当科目
筋骨格系理学療法学/検査測定演習Ⅰ・Ⅱ/運動学Ⅱ

理学療法士/認知症ケア専門士

「ありがとう」と言われる理学療法士へ

理学療法士は、人の想いや命に関わる仕事です。そのため、必要な知識技術を身に付けるのに苦労することもあると思いますが、「ありがとう」と言われて恥ずかしくない理学療法士になれるよう一緒に頑張りましょう。

教員

あんなか そういち安中 聡一

担当科目
運動療法演習/小児科学概論/小児発達系理学療法学/日常生活技術演習

理学療法士/日本糖尿病療養指導士/呼吸療法認定士(3学会合同)/福祉住環境コーディネーター2級

みんなを笑顔にできる理学療法士へ

理学療法士は、怪我や病気の治療だけでなく、患者さんの生活に寄り添い、支えることができる仕事です。患者さんの家族も含め、多くの人を笑顔にできるような理学療法士を共に目指したいと思います。

教員

じゅうもんじ ゆういち十文字 雄一

担当科目
解剖学Ⅰ/運動学Ⅱ/検査・測定演習Ⅰ/日常生活技術論

理学療法士、保健学(修士)/がん患者リハビリテーション/福島県公認アスレチックトレーナー/福祉住環境コーディネーター2級

「人を導ける」理学療法士へ

理学療法は、病気や障害に悩む方だけではなく、健康維持や増進目的の方と様々な人が対象となります。そういった人達を、目標へと導けるよう一緒に勉強していきましょう。

教員

さくま ともこ佐久間 朋子

担当科目
理学療法演習Ⅰ/公衆衛生学/生活環境論/義肢・装具学(義肢)/義肢装具学演習

理学療法士/修士(体育学)

信頼される理学療法士へ

理学療法士は、専門的な知識や技術を身につけるだけでなく、患者様やご家族、医療スタッフなど、沢山の人と関わる仕事です。人の間に入り、人に信頼され、人のために汗を流せる理学療法士を、一緒にめざしてみませんか。

理学療法学科

患者様にとって最初のセラピスト。
責任と達成感のある仕事です。

鈴木 奈緒さん2015年度卒業

勤務先

医療法人社団恵周会 白河病院

現在は急性期のリハビリテーションや入院・外来の患者様への介入、栄養士とタッグを組んで血糖コントロールや運動指導などを行なっています。この職場を選んだ理由は、患者様にとって最初に関わるセラピストになれるから。手術後、最初のリハビリに携わるセラピストの印象が悪いと、リハビリに対しても一生悪いイメージが残ってしまうかもしれません。それだけ責任もやりがいも大きい仕事です。たとえば以前、まだ40代で脳血管疾患にかかった患者様を担当したことがありました。ご自身も覚えていない集中治療室に入っていた時期からリハビリをスタート。障がいが残るかもしれないと懸念されていましたが、入院中や退院後も懸命なリハビリを続けた結果、車の運転や仕事復帰ができるほどに回復されたんです。本当に嬉しくて抱き合って喜んだのを覚えています。リハビリテーションの重要性や素晴らしさを改めて実感できました。
郡山健康科学専門学校での思い出はたくさんありますが、中でも客観的な臨床能力を問われるOSCE試験でクラス全員が不合格になったのが印象に残っていますね(笑)。でもその時の経験が、臨床での評価やリスク管理など、今の仕事に活かされていますし、常に学び続ける姿勢も学生時代に身につきました。結果的に全員が国家試験に合格できました。今でも交流が続く仲間と出会えたことは私にとって大きな宝物です。

Read more 〉〉〉

ほかにもこんなページが読まれています!

ページのトップへ