高い日本語力を身につけ、日本文化を学ぶ日本語学科

1年6ヶ月コース・2年コース/定員20名(男女)

INDEX
学科
TOPICS
一覧を見る

本校の日本語学科は
日本語を
母語としない方を
対象とした学科です

初級〜上級の日本語を学び、日本語能力試験(JLPT)
N1、N2レベルの日本語能力を身につけるばかりでなく、
日本の文化を学ぶ機会もたくさんあります。

日本語学科
1年6ヶ月コース・2年コース

クラス時間 9:00〜12:20(月〜金曜日)

到達目標 N5レベル N4レベル N3レベル N2レベル N1レベル
1年6ヶ月
コース
3ヶ月目 6ヶ月目 9ヶ月目 12ヶ月目 16ヶ月目
2年
コース
3ヶ月目 6ヶ月目 9ヶ月目 15ヶ月目 21ヶ月目

5つの強み

1
日本語能力が飛躍的に向上します
教員が個々のレベルに合わせて親切・丁寧に指導します。また、授業では高い日本語能力+コミュニケーション能力の獲得も目指し、教授いたします。
2
日本文化体験・交流
学校内に多数の学科(保育、介護福祉、柔道整復、リハビリ)を有しますので、日本人学生との交流が盛んに行われます。さらに地域の伝統行事に参加する等、日本文化を豊富に体験できます。
3
学費分割制度
学費は原則一括納入ですが、2分割等での対応もいたします。
4
充実した生活支援
教員がきめ細やかな学習支援、生活相談や、学生寮での生活、事故・怪我への対応等、様々な面で留学生の皆さんをサポートします。
5
福祉分野への進学が可能です
本校、介護福祉学科に進学の際は、奨学金(福島県内で5年間就労すること等を条件に返還不要となる奨学金や福祉施設への就職等を条件にする奨学金。要相談。)や学校の関連福祉法人でのアルバイトを通じて、学費や生活費をカバーすることができ、少ない負担でさらに2年間、本校で学ぶことが可能です。

授業の特徴

日本語能力の向上+高いコミュニケーション能力を身につける 日本語能力の向上+高いコミュニケーション能力を身につける

1ワールドカフェの手法を用いた、他学科との交流型授業、学園祭参加

2農業体験、交通安全運動、お祭りへの参加

3附属保育所や関連法人内の高齢者福祉施設での交流

留学から進学、
就職までの流れ

カリキュラム

※一部抜粋
1年6ヶ月
コース
 
分 野 科 目
総合日本語 初級Ⅰ・Ⅱ、中級Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、上級Ⅰ 他
日本語能力試験対策 N5、N4、N3、N2
2年
コース
 
分 野 科 目
総合日本語 初級Ⅰ・Ⅱ、中級Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、上級Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 他
日本語能力試験対策 N5、N4、N3、N2、N1

日本語学科の時間割例〈初級Ⅰ〉

mon tue wed thu fri
1時限目/9:00〜9:45 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材)
2時限目/9:50〜10:35 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材)
3時限目/10:45〜11:30 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材)
4時限目/11:35~12:20 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 総合日本語初級Ⅰ(みんなの日本語Ⅰ本冊・副教材) 能力試験対策N5 作文初級Ⅰ

日本語学科 教員紹介

主任

しだ ゆういち志田 雄一

資格、学位等
日本語教師養成講座420時間修了/学士(法律学)
担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語中級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語上級Ⅱ・Ⅲ/漢字上級Ⅰ/漢字・聴解中級Ⅰ/作文中級Ⅰ・Ⅱ/作文上級Ⅲ/能力試験対策N1/会話上級Ⅲ

「生きた日本語」を学ぼう

本学科において皆さんが勉強する日本語は、日本社会において円滑な人間関係を築くための「生きた日本語」です。つまり日本語の正確な聞き取りや文法理解はもとより、様々な状況に応じて適切な言葉遣いができる表現力を見に付けることを本学科では重視しています。留学生の皆さんには語学習得の面白さや達成感だけではなく、「生きた日本語」を用いた異文化交流の楽しさを是非味わっていただきたいと思います。


主任

しだ ゆういち志田 雄一

担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語中級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語上級Ⅱ・Ⅲ/漢字上級Ⅰ/漢字・聴解中級Ⅰ/作文中級Ⅰ・Ⅱ/作文上級Ⅲ/能力試験対策N1/会話上級Ⅲ

日本語教師養成講座420時間修了/学士(法律学)

「生きた日本語」を学ぼう

本学科において皆さんが勉強する日本語は、日本社会において円滑な人間関係を築くための「生きた日本語」です。つまり日本語の正確な聞き取りや文法理解はもとより、様々な状況に応じて適切な言葉遣いができる表現力を見に付けることを本学科では重視しています。留学生の皆さんには語学習得の面白さや達成感だけではなく、「生きた日本語」を用いた異文化交流の楽しさを是非味わっていただきたいと思います。


教員

おのでら はつまさ小野寺 初正

担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/漢字中級Ⅲ/聴解中級Ⅲ/漢字・聴解中級Ⅱ/総合日本語中級Ⅰ・Ⅱ/会話中級Ⅱ/会話上級Ⅰ/作文上級Ⅰ/読解上級Ⅲ/日本事情

日本語教師養成講座420時間修了/修士(事業構想研究学)

日本で夢の実現を

日本語教育の実践にあって、教えることの難しさは、内容以前に、入り口へ提示の言葉実例である。学生の経験世界に沿い入り口での嚙み合わせに配慮し、学生の日本語習得が前進、夢の実現が図られるよう支援の日々でありたい。

教員

こばやし ふゆこ小林 ふゆ子

担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語中級Ⅰ・Ⅱ/作文初級Ⅰ・Ⅱ

日本語教師養成講座420時間修了/学士(国際文化学)

異文化に触れ視野を広げよう

日本での留学生活を、不安に感じたり緊張したりする人もいると思います。でも、新しい人と出会って新しいことを勉強することは、とても楽しく、新しい発見がたくさんあります。学校では日本や他の国の友達と接することで視野を広げることもできます。皆さんにとってより良い留学生活となるように一緒に頑張りましょう。

教員

ささき ゆうこ佐々木 祐子

担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語中級Ⅲ/総合日本語上級Ⅱ/漢字中級Ⅲ/漢字上級Ⅱ/会話中級Ⅲ/会話上級Ⅱ/作文上級Ⅱ/能力試験対策N1

日本語教師養成講座420時間修了/学士(文学)

皆さんを全力でサポートします

本学は他学科との交流や施設見学等を通じて、日本人と出会えるチャンスが多いのが特徴です。生きた日本語や日本の文化、日本人の考え方に触れてたくさんの経験をしましょう。初めての日本での生活が豊かなものになるように全力でサポートします。

教員

ねもと えい根本 瑛

担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語中級Ⅰ・Ⅱ/能力試験対策N5

日本語教師養成講座420時間修了/博士(社会福祉学)/社会福祉士/社会福祉主事

夢を実現するために

この学校では、学んだことをすぐに実践できる環境が整っています。他学科の学生とのコミュニケーションは、楽しく日本語を学べるチャンスでもあります。日本へ留学し、抱いた夢を一つずつ叶えていきましょう!私たちは皆さんの夢を叶えるお手伝いができることを楽しみにしています。

教員

はせがわ ゆきこ長谷川 由貴子

担当科目
総合日本語初級Ⅰ・Ⅱ/総合日本語中級Ⅰ・Ⅲ/総合日本語上級Ⅰ/会話中級Ⅰ/漢字・聴解中級Ⅰ/聴解中級Ⅲ/作文中級Ⅲ/能力試験対策N2・N3


日本語教育能力検定試験合格/学士(文学)

一緒に夢を叶えましょう

日本語の学習は積み重ねです。みなさんが努力した時間は決して無駄にはなりません。頑張った分皆さんの力になります。楽しく日本語を習得し、一緒に夢を叶えましょう。

出願から入学までの流れ

入学資格

  • 本国において通常の過程による12年の学校教育(日本の高等学校卒業程度以上)を修了した方
  • 年齢が18歳から25歳までの方(原則として最終学歴卒業年から5年以内)
  • 日本語学習歴が150時間以上、もしくは日本語能力試験(JLPT)のN5以上、または同等の日本語能力を証明できる書類(TOPJ初級A-5・NAT-TEST 5級・J.TEST F級等)を提出できる方
  • 経費支弁者を有する方

募集人員及び書類締切

コース 1年6ヶ月コース 2年コース
入学時期 10月入学 4月入学
募集人員 20名 20名
本校への出願時期 5月上旬 前年11月上旬
入管への申請時期 6月 前年12月
在留資格認定証明書交付・
学納金支払時期
7〜9月 1〜3月
1年6ヶ月コース
入学時期 10月入学
募集人員 20名
本校への出願時期 5月上旬
入管への申請時期 6月
在留資格認定証明書交付・
学納金支払時期
7〜9月
2年コース
入学時期 4月入学
募集人員 20名
本校への出願時期 前年11月上旬
入管への申請時期 前年12月
在留資格認定証明書交付・
学納金支払時期
1〜3月

入学までの流れ

パンフレットダウンロード・出願書類の請求、お問い合わせはこちらから

パンフレットダウンロード お問い合わせフォーム

ページのトップへ