介護される方を尊重し、笑顔を支える人材へ介護福祉学科

2年課程(昼間)/定員40名(男女)/付与される称号:専門士

INDEX

学科紹介

介護の現場で幅広く活躍できる介護福祉士を養成

介護福祉士とは、高齢や障がいによって、日常生活を営むうえで介護が必要になった方に、専門的な知識と技術をもって、身体的かつ精神的に支援する介護の専門職です。また、介護を必要とする方の尊厳を支え、自立した生活の継続や予防介護を指導できる実践的な能力を持ち、さらに、日常生活の関わりを通して精神的な側面に応じた支援も行える能力が求められます。本学科では、介護福祉士国家試験受験資格取得に加え、更に社会福祉主事任用資格の取得も可能です。社会福祉主事は、生活相談員や福祉活動専門員として相談支援する仕事です。本学科では、介護を必要とする幅広い多様な方々に安全で安心な介護を提供できる能力(知識・技術・態度)を修得し、自己教育力を身につけます。

本学科の特長
  • 様々な介護を必要とする方に、基本的な介護を提供できる能力を身につけます。
  • 科学的根拠に基づいた高度な介護技術を身につけます。
  • 様々な関連資格を取得し、幅広い知識を修得します。
  • 卒業後も専門性を磨くために、自分自身で学習を継続する生涯学習能力を身につけます。
取得できる資格

介護福祉士国家試験受験資格

厚生労働大臣指定の介護福祉士養成校である本校では、卒業と同時に介護福祉士国家試験の受験資格が取得できます。

介護福祉士国家資格(暫定)(注)

社会福祉主事任用資格

めざす資格
  • 家庭料理技能検定
  • 福祉住環境コーディネーター3級
  • 障がい者スポーツ指導員(初級)
卒業後の活躍の場
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 障がい者支援施設
  • 指定介護療養型医療施設
  • 在宅福祉サービス機関・事務所 など
介護福祉士へのステップ

本学科の卒業時には専門士の称号が付与されます。専門士には大学への編入学資格が与えられますので、本学科を卒業した後には、大学への編入学の道を選択し、学士の学位を取得することもできます。

(注)2021年度(2022年3月)までに卒業した方には、卒業から5年間、暫定的に介護福祉士国家資格が付与されます。その間に①国家試験を受験し合格すること②5年間連続して実務に従事することのどちらかを満たすことにより、その後も引き続き介護福祉士国家資格を保持することができます。万が一、いずれも満たせなかった場合においても国家試験受験資格は有していますので、国家試験に合格することにより介護福祉士国家資格を取得することができます。なお、2021年度(2022年3月)以降に卒業する方は、国家試験を受験し合格することが介護福祉士国家資格を取得するための必須要件となりますので、介護福祉士国家資格を取得するには、今がチャンスです。

学科DATA

2019年度(2020年3月卒業生)

  • 専門職就職率
  • 100%求人倍率:156.4倍

2019年度(2020年3月卒業生)

  • 介護福祉士
    国家試験合格率
  • 83.3%全国平均合格率69.9%

※2026年度(2027年3月卒業生)までは、卒業時に5年間の暫定的な介護福祉士国家資格を
取得できる見込みですが、本校では国家試験に合格することを目標としています。

卒業生就職先例※一部抜粋、敬称略、順不同

  • 社会福祉法人田村福祉会 特別養護老人ホーム こまち荘
  • 社会福祉法人安積福祉会 特別養護老人ホーム カーサ・ミッレ
  • 社会福祉法人いずみ福祉会 特別養護老人ホーム スプリングガーデンあさか
  • 社会福祉法人石川福祉会 特別養護老人ホーム ふるどの荘
  • 株式会社コスモメディカルサポート グループホーム 星の郷みらい
  • 福島県厚生農業協同組合連合会 介護老人保健施設 なごみ
  • 社会福祉法人楽寿会 特別養護老人ホーム 楽寿荘

2019年度就職状況(分野)

卒業後の主な活躍の場※一部抜粋

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

    在宅生活において常時介護を必要とする高齢者が、その人らしい生活を取り戻し支えていく施設です。

  • 介護老人保健施設

    介護を必要とする高齢者が、生活機能の回復や維持向上をめざし、自宅での生活に戻ることを目的とした施設です。

  • 障がい者施設

    障がい者の方へ、生活に対する支援と自立や就労に向けた訓練などを目的とした施設です。

カリキュラム

※一部抜粋
2019年度より、カリキュラムの一部が変更となります。
1年次
介護福祉士として基礎となる学習を行います
科 目
基礎科目 学習スキル、体育
介護福祉士養成課程 介護福祉論、生活と福祉Ⅰ・Ⅱ、社会参加とボランティア、介護論Ⅰ・Ⅱ、ボディーメカニクス、介護基礎技術Ⅰ・Ⅱ 他
社会福祉主事科目 法学、経済学、児童福祉論
2年次
専門知識・技術を習得します
科 目
介護福祉士養成課程 人間関係とコミュニケーション、社会保障論、福祉社会学、ケアマネジメント論、看取りのケアとグリーフケア、居住環境学、視覚・聴覚障害者の介護過程 他
社会福祉主事科目 地域福祉論、社会福祉援助技術演習、福祉事務所運営論、社会福祉施設経営論、社会福祉現場実習、社会福祉現場実習指導

介護福祉学科の時間割(例)〈1年生〉

mon tue wed thu fri
1時限目/9:00〜10:30 生活と福祉Ⅰ ボディメカニクス 介護論Ⅱ コミュニケーション技術 介護基礎技術Ⅰ
2時限目/10:40〜12:10 総合演習Ⅰ 介護論Ⅰ レクリエーション
支援技術Ⅰ
安全管理と感染防止 家政学
3時限目/13:00〜14:30 社会参加とボランティア 体育 認知症の理解 からだの構造と機能Ⅰ 家政学演習
4時限目/14:40〜16:10 経済学   児童福祉論    

※1〜3時限目は介護福祉士養成過程(必須)、4時限目以降は社会福祉主事科目(選択)の時間割となります。

[介護基礎技術Ⅱ]

介護を必要とする方の生活上の課題を理解し、自立に向けた環境整備、基本的な体の動かし方、移動のための知識と基本的技術を学びます。この科目を学ぶことで介護を必要とする方に安全・安心な介護を提供することができます。また、ボディメカニクスを活用することで高度な介護技術も身につきます。

介護を必要とする方の立場に立って考えられる介護福祉士をめざします!!

寝返りを支援する介護の技法を通して、人間の自然な寝返りの動作を学びます。

介護福祉学科 教員紹介

学科長

くぼき まもる窪木 守

資格、学位等
介護福祉士/介護支援専門員/社会福祉主事
担当科目
介護過程理論/介護実習/総合演習/介護福祉研究方法/対象理解/ボディーメカニクス/介護基礎技術Ⅰ・Ⅱ

介護の現場を皆さんに伝えます

介護の現場から人とかかわることの大切さと、個別援助の必要性を学びました。楽しいこと、笑顔になれることも沢山あります。学生のみなさんにも伝えていけたらと思います。

学科長

くぼき まもる窪木 守

担当科目
介護過程理論/介護実習/総合演習/介護福祉研究方法/対象理解/ボディーメカニクス/介護基礎技術Ⅰ・Ⅱ

介護福祉士/介護支援専門員/社会福祉主事

介護の現場を皆さんに伝えます

介護の現場から人とかかわることの大切さと、個別援助の必要性を学びました。楽しいこと、笑顔になれることも沢山あります。学生のみなさんにも伝えていけたらと思います。

主任

さとう あつし佐藤 篤

担当科目
社会参加とボランティア/社会保障論/地域福祉論/社会福祉援助技術演習/福祉事務所運営論/社会福祉施設経営論/社会福祉現場実習/社会福祉現場実習指導

修士(社会福祉学)

人の幸せを考える

社会福祉とは、広義では「人の幸せを考える」とありますが、感性なくしては考えられません。感性を磨くことで「気づき」が増え、それが福祉につながります。本校で創造的な感性を磨き、共に成長していきましょう!

教員

ささき けんたろう佐々木 謙太朗

担当科目
介護基礎技術Ⅰ・Ⅱ、総合演習、社会福祉現場実習指導

介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員

一緒に頑張りましょう!

大学卒業後、デイサービスとショートステイの現場で働いていました。利用者の笑顔や「ありがとう」の一言が介護の楽しさ・やりがいに繋がっていきます。そんな大変だけど素敵な介護を皆さんに伝えていけたらと思います。一緒に頑張りましょう!

教員

しんどう ちかこ進藤 智佳子

担当科目
生活と福祉Ⅰ・Ⅱ/視覚・聴覚障害者の介護過程/認知症の理解/認知症の介護/介護論Ⅰ・Ⅱ

介護福祉士

介護が生み出す素晴らしいパワー

介護福祉士は専門知識、技術を活用し介護を必要としている方と関わります。その方のニーズにあった介護を提供できたときに介護を必要とする人の生活に変化が起こり素晴らしいパワーが生まれます。このパワーが介護福祉士のやりがいとなり活力になります。専門学校の学びはともに学ぶ仲間との関わりや互いに支えあうことをとおして専門性を養うことができます。2年間の学生生活大いに学び、自ら成長しましょう。

教員

ちの よしかず知野 吉和

担当科目
介護福祉論/対人援助技術/高齢者の介護/福祉社会学/ケアマネジメント論/看取りのケアとグリーフケア

介護福祉士/介護支援専門員/交流分析士

2年間の学生生活で育まれる絆

介護福祉学科で学べることの良さは、専門的な知識と技術を習得できること、就職率100%だけでなく、同じ目標を持った仲間たちや教員との2年間の学生生活で育まれる絆があることです。絆は介護福祉士としての自信となります。

教員

とみた きよこ冨田 きよ子

担当科目
安全管理と感染予防/内部障害者の介護過程/介護と医療的ケア/からだの構造と機能Ⅰ・Ⅱ/喀痰の吸引/経管栄養/運動機能障害者の介護過程

看護師

人を支える人間力を

介護は「判断」「行為」又はそのいずれも自分の力で行うことが困難な人の暮らしを支援する専門的な仕事です。介護を支える技術力、人を支える人間力を学び専門職として活躍できるよう頑張りましょう。

介護福祉学科

利用者様の目線に立って、
一人ひとりに合わせた生活支援を
心掛けています。

富山 優妃さん2016年度卒業

勤務先

社会福祉法人郡山清和救護園 養護老人ホーム 希望ヶ丘ホーム

私が介護福祉士をめざしたのは小学6年生の時です。幼い頃から一緒に過ごし、大好きだった祖母の介護が必要になり、それを近くで見ていたことがきっかけでした。
現在働いている養護老人ホームには、自分で買い物や食事に出かけることができるほど元気な方から、認知症などの介護が必要な方まで、幅広い方が入所されています。また、経済的な理由や虐待を受けた方など、事情を抱えて入所している方もたくさんいます。元気な方には納得してもらえるまでお話を聞く、体が不自由な方には理学療法士の指導を基に個別のリハビリを行うなど、利用者様一人ひとりの立場に合わせた生活支援を心掛けています。74名の利用者様の好みや性格、状態などを把握するのは大変ですが、長いお付き合いの中で細かな変化に気づけるようになり、信頼関係も徐々に築けてきたように感じます。「ここにきて良かったよ」「ありがとう」と言葉を掛けられる度に、この仕事をやっていて良かったと思います。
様々な施設の実習で、いろんな人を見ることができた経験や、自分で考えることを重視した専門学校での学びが、今の仕事でも多くの場面で役立っています。また、同じ目標を持ち同じ道に進んだ学生時代の仲間たちは、今でも良き相談相手であり、切磋琢磨できる存在です。

Read more 〉〉〉

ほかにもこんなページが読まれています!

ページのトップへ