資料請求 オープンキャンパス

郡山健康科学専門学校

受験生のみなさまへ

卒業生のみなさまへ

採用ご担当者さまへ

在校生のみなさまへ

社会人・高校既卒者のみなさまへ

郡山健康科学専門学校 トップページ > 学科紹介 > 理学療法学科

理学療法学科

理学療法分やの高度な教育とともに思いやりのある社会人を育てます

年限/4年(昼間) 定員/80名(男女) 付与される商号/高度専門士

取得できる資格
  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 厚生労働大臣指定の理学療法士養成校である本校では、卒業と同時に理学療法士国家試験の受験資格が取得できます。
卒業後の活躍の場
  • 総合病院、大学附属病院、リハビリテーションセンター、療育センターなどの医療機関
  • 保健所、保健センターなどの行政機関
  • 介護老人保健施設、デイサービスなどの高齢者介護、福祉施設
  • 医療機器関連企業
  • 教育・研究機関
  • 健康増進センター など

-身体機能を回復に導くスペシャリストを養成する-

理学療法士の活躍の場は、医療・福祉分野だけでなく、予防医療やスポーツ分野などの多方面に広がりつつあります。それに伴い、理学療法の対象は障がい者や高齢者に加え、中高年者やスポーツ選手などの若年者と幅広くなっています。理学療法士の数も年々増加しており、これからは周囲から「選ばれる理学療法士」になることが必要です。将来、臨床や研究で活躍できる知識や人間性を兼ね備えた理学療法士を養成するために、豊富な臨床・研究経験を持つ教員が指導にあたります。本校の4年制課程では、国家試験の受験資格と同時に、大学院へ進学できる高度専門士の称号が与えられるカリキュラムを展開しています。

カリキュラム

学 年 分 野 科 目
1年次 基礎分野 哲学、心理学、法学、医療倫理、社会福祉学、統計学、物理学、化学、保健体育、英会話Ⅰ
専門基礎分野 骨・筋系解剖学、内臓系解剖学、神経系解剖学、解剖学実習Ⅰ、神経系機能生理学、植物機能生理学、生理学実習、運動学Ⅰ、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論
専門分野 基礎理学療法学Ⅰ、理学療法演習Ⅰ、医療入門、生活環境・機器論、、看護・介護概論
2年次 基礎分野 英会話Ⅱ
専門基礎分野 解剖学実習Ⅱ、運動学Ⅱ、人間発達学、病理学、臨床心理学、内科学、整形外科学、神経内科学、精神医学、小児科学概論、老年学、薬理学
専門分野 基礎理学療法学Ⅱ、理学療法学特論、理学療法演習Ⅱ、検査・測定演習Ⅰ、運動療法学、運動療法演習、義肢・装具学、日常生活技術論、中枢系理学療法学Ⅰ、福祉住環境論
3年次 専門基礎科目 作業療法概論、言語療法概論
専門分野 理学療法演習Ⅲ、医療英会話、スポーツ理学療法学、医療統計学、理学療法評価学、リハビリテーション工学演習、検査・測定演習Ⅱ、義肢装具学演習、物理療法学、中枢系理学療法学Ⅱ、筋骨格系理学療法学、老年期理学療法学、小児発達系理学療法学、呼吸・循環器系理学療法学、日常生活技術演習、地域理学療法学、実習オリエンテーション、評価実習
4年次 専門分野 理学療法研究法、理学療法マネージメント論、総合演習、臨床実習Ⅰ、Ⅱ

教員紹介

遠藤 敏裕 (えんどう としひろ)

理学療法学科 教務部長

資格、学位等

理学療法士、修士(工学)

担当科目

リハビリテーション概論、リハビリテーション医学、中枢系理学療法学

メッセージ

医療技術者にとって治療技術は大事ですが、もっと大事なのは人間性です。「人が好き」「人に好かれる」理学療法士を育てたい。患者様に信頼されるような医療人を育んでいきたい。みんなと楽しく、人間味のある「ヒト」を目指しませんか。

橋本 雅郎 (はしもと まさお)

理学療法学科 学科長

資格、学位等

理学療法士、修士(障害科学)

担当科目

中枢系理学療法学、検査・測定演習、運動学

メッセージ

高齢化が進む中、疾病や傷害に対しては勿論、介護予防においてもリハビリテーションの必要性は増すばかりです。理学療法士は、このような臨床の他に研究や教育の分野でも活躍中です。日々進歩する医療において、社会が求める理学療法士とは何かを一緒に考えていきましょう。

齋藤 航 (さいとう こう)

理学療法学科 教務部長補佐

資格、学位等

理学療法士、認定理学療法士(管理・運営)、福祉住環境コーディネーター2級、修士(保健医療学)

担当科目

基礎理学療法学Ⅰ、呼吸・循環器理学療法学、中枢系理学療法学Ⅱ、運動学Ⅱ、運動療法演習、解剖学実習Ⅱ

メッセージ

理学療法士を目指す皆様は、様々な思いを胸に秘めていることでしょう。そんな思いや心意気に寄り添い、サポートしていきたいと思います。患者様、利用者様と信頼関係を結べる・・・そんな理学療法士を目指してくださいね。

荻原 久佳 (おぎはら ひさよし)

理学療法学科 主任

資格、学位等

理学療法士、専門理学療法士(生活環境支援系)、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級、修士(工学)

担当科目

物理療法学、日常生活技術演習、義肢装具学、中枢系理学療法学

メッセージ

学生の皆さんとは、サークル活動などで一緒になって汗を流しています。まだまだ若いつもりではいましたが、流石に身体がついていかなくなってきました。それでも、頭と身体をバランスよく使って良い学生生活を送り、良いセラピストになっていただけるよう一緒に頑張らせていただきます。

安藤 由香里 (あんどう ゆかり)

理学療法学科

資格、学位等

理学療法士

担当科目

神経機能生理学、日常生活技術論、生活環境機器論

メッセージ

本校卒業後、通所リハビリテーションを中心に携わってきました。その中で利用者様が楽しく過ごせる環境づくりの大切さを学びました。知識や技術だけでなく、教科書だけでは学べない部分も伝えていけたらいいなと思っています。一緒に成長していきましょう。

小形 洋悦 (おがた ようえつ)

理学療法学科

資格、学位等

理学療法士、オーストラリア理学療法士
Master of Science(シドニー大学)

担当科目

筋骨格系理学療法学、日常生活技術論、基礎理学療法学、理学療法測定論、理学療法統合と解釈

メッセージ

学ぶことの楽しさを少しでも伝えることができればと思います。

増子 亮介 (ましこ りょうすけ)

理学療法学科

資格、学位等

理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級

担当科目

運動学 基礎理学療法学 中枢系理学療法学 地域理学療法学

メッセージ

理学療法士の仕事は、「やりがい」があります。関わる方々が、笑顔になり「幸せ」になれるよう支えることができます。しかし、それは簡単なことではありません。個人の力では成し得ない事です。必要な事は、「同じ目的を持つ仲間と協働しながら歩む力」です。その力、一緒に育んでいきましょう!

松井 一章 (まつい かずあき)

理学療法学科

資格、学位等

理学療法士、修士(学術)

担当科目

運動療法学、日常生活技術論、運動学Ⅱ、物理療法学、日常生活技術演習

メッセージ

理学療法士にとって重要なことの一つは「自分で考える」ということだと思います。患者様が持つ様々な問題点を解決するための、知識・技術を身につけるとともに、それを生かすための「自分で考える」力も身につけていけるよう一緒に頑張っていきましょう。

渡邉 哲朗 (わたなべ てつろう)

理学療法学科

資格、学位等

理学療法士、修士(工学)

担当科目

運動学、中枢系理学療法学、義肢・装具学、検査・測定演習Ⅱ

メッセージ

私がこれまで学んできた事を楽しくわかり易く皆さんに伝えていけるように全力でサポートしていこうと思います。資格取得をサポートすることは勿論ですが、資格取得はあくまでも通過点であり、臨床の現場に立ったとき、患者さん・利用者さんと接することの楽しみも同時に伝えることが出来ればと考えています。