資料請求 オープンキャンパス

郡山健康科学専門学校

受験生のみなさまへ

卒業生のみなさまへ

採用ご担当者さまへ

在校生のみなさまへ

社会人・高校既卒者のみなさまへ

郡山健康科学専門学校 トップページ > 学科紹介 > 介護福祉学科

看護福祉学科

手のぬくもりから安心を伝える介護福祉士をめざします

年限/2年(昼間) 定員/40名(男女) 付与される商号/専門士

取得できる資格
  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 厚生労働大臣指定の介護福祉士養成校である本校では、卒業と同時に介護福祉士国家試験の受験資格が取得できます。
  • 社会福祉主事任用資格
めざす資格
  • 障害者スポーツ指導員(初級)
  • 家庭料理技能検定
  • 福祉住環境コーディネーター
卒業後の活躍の場
  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 障がい者支援施設
  • 指定介護療養型医療施設
  • 在宅福祉サービス機関・事務所 など

-福祉の現場で幅広く活躍できる介護福祉士を養成-

介護福祉士とは、高齢や障がいによって、日常生活を営むうえで介護が必要になった方々に、専門的な知識と技術をもって、身体的かつ精神的に支援する福祉の専門職です。また介護を必要とする方の尊厳を支え、自立した生活の継続や予防介護を指導できる実践的な能力を持ち、さらに、日常生活のかかわりを通して精神的な側面に応じた支援も行える能力が求められます。本学科では、介護福祉士国家試験受験資格取得に加え、更に社会福祉主事任用資格の取得も可能です。社会福祉主事は、生活相談員や福祉活動専門員として相談支援する仕事です。

-(卒業後の)大学編入学をサポート-

介護福祉士をめざして本校へ進学し、福祉の分野をより専門的に学びたいと考えている学生へ本校卒業後、大学編入学をサポートしております。
編入学とは、専門学校などの卒業者が、4年制大学の2年次または3年次へ進学する制度(希望の受験資格取得によっては在籍年数が異なる場合がございます)です。本校で身につけた知識・技術を活かし、編入学後は大学で学部科目を履修し、「学士」の学位を取得することができます。

カリキュラム

学 年 分 野 科 目
1年次 基礎科目 学習スキル、体育
介護福祉士養成課程 介護福祉論、生活と福祉Ⅰ、Ⅱ、社会参加とボランティア、英会話、介護論Ⅰ、Ⅱ、対象理解、ボディーメカニクス、安全管理と感染防止、コミュニケーション技術、対人援助技術、介護基礎技術Ⅰ、Ⅱ、家政学、家政学演習、レクリエーション支援技術Ⅰ、介護過程理論、運動機能障害者の介護過程、総合演習Ⅰ、Ⅱ、実習Ⅰ-1、実習Ⅰ−2、老年学、高齢者の介護、認知症の理解、心理学、からだの構造と機能Ⅰ、Ⅱ
社会福祉主事科目 法学、児童福祉論
2年次 介護福祉士養成課程 人間関係とコミュニケーション、社会保障論、福祉社会学、ケアマネジメント論、看取りのケアとグリーフケア、居住環境学、機能の維持及び回復、レクリエーション支援技術Ⅱ、介護福祉研究方法、内部障害者の介護過程、視覚・聴覚障害者の介護過程、総合演習Ⅲ、Ⅳ、実習Ⅱ、介護と医療的ケア、喀痰の吸引、経管栄養、認知症の介護、障害の理解、障害者の心理、疾病論
社会福祉主事科目 経済学、地域福祉論、社会福祉援助技術演習、福祉事務所運営論、社会福祉施設経営論、社会福祉現場実習、社会福祉現場実習指導

教員紹介

中村 智加枝 (なかむら ちかえ)

介護福祉学科 学科長補佐

資格、学位等

看護師

担当科目

介護論、対象理解、対人援助技術と医療的ケア、認知症の介護、ボディーメカニクス

メッセージ

介護を必要とする方、お一人おひとりのできること・できないことを把握理解して、その方のできないことを適切に介護し、日々を心地よく生活できるように支えることができる介護福祉士を目指して学びを重ねましょう。介護を必要とする方を介護者が時と場を共有し、ともにその時空を創造介護を快互にしましょう。

佐藤 篤 (さとう あつし)

介護福祉学科 主任

資格、学位等

修士(社会福祉学)

担当科目

社会福祉学

メッセージ

社会福祉とは、広義では「人の幸せを考える」とありますが、感性なくしては考えられません。感性を磨くことで「気づき」が増え、それが福祉につながります。本校で創造的な感性を磨き、共に成長していきましょう!

窪木 守 (くぼき まもる)

介護福祉学科

資格、学位等

介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉主事

担当科目

介護過程理論、介護実習、認知症の理解

メッセージ

介護の現場から人とかかわることの大切さと、個別援助の必要性を学びました。楽しいこと、笑顔になれることも沢山あります。学生のみなさんにも伝えていけたらと思います。

進藤 智佳子 (しんどう ちかこ)

介護福祉学科

資格、学位等

介護福祉士

担当科目

生活と福祉Ⅰ・Ⅱ 視覚・聴覚障害者の介護過程

メッセージ

介護福祉士は専門知識、技術を活用し介護を必要としている方と関わります。その方のニーズにあった介護を提供できたときに介護を必要とする人の生活に変化が起こり素晴らしいパワーが生まれます。このパワーが介護福祉士のやりがいとなり活力になります。専門学校の学びはともに学ぶ仲間との関わりや互いに支えあうことをとおして専門性を養うことができます。2年間の学生生活多いに学び、自ら成長しましょう。

知野 吉和 (ちの よしかず)

介護福祉学科

資格、学位等

介護福祉士、介護支援専門員、交流分析士

担当科目

介護福祉論、対人援助技術、高齢者の介護、福祉社会学、ケアマネジメント論、看取りのケアとグリーフケア

メッセージ

介護福祉学科で学べることの良さは、専門的な知識と技術を習得できること、就職率100%だけでなく、同じ目標を持った仲間たちや教員との2年間の学生生活で育まれる絆があることです。絆は介護福祉士としての自信となります。