資料請求 オープンキャンパス いつでも学校見学
進路相談

郡山健康科学専門学校

受験生のみなさまへ

卒業生のみなさまへ

採用ご担当者さまへ

在校生のみなさまへ

社会人・高校既卒者のみなさまへ

郡山健康科学専門学校 トップページ > 学科紹介 > メディカルスポーツ柔道整復学科

メディカルスポーツ柔道整復学科

取得できる資格

【取得資格】

柔道整復師国家試験受験資格

厚生労働大臣指定の柔道整復師養成校である本校では、卒業と同時に柔道整復師国家試験の受験資格が取得できます。

【めざす資格】

(財) 日本体育協会公認 スポーツリーダー (共通科目Ⅰ・Ⅱ)

NPO法人日本スポーツリハビリテーション学会 認定トレーナー

アスリートの能力を高めるためのトレーニングメニューの作成やトレーニング方法を考え指導するなど、身体をサポートする仕事です。
また、ケガをした方々にマッサージやストレッチを施したり、運動機能回復のサポートやコンディションの調整も行います。

POINT

NPO法人日本スポーツリハビリテーション学会認定トレーナーは、ケガやねん挫などをした方を対象に、スポーツの現場だけではなく、整形外科をはじめとした医療機関や福祉施設において、回復トレーニングに関わるなど、多方面で活躍することができます。

注目のカリキュラム

スポーツ生理学

競技者に関する身体能力の維持や改善における運動訓練の影響などについて、生理学的基礎と運動の一般的定義との比較を行い、人体の特性を考えたうえで、スポーツ生理学を体系的に学びます。

物理療法学

物理療法を実際の臨床現場で効果的に実践するために、物理的なエネルギーを生体に与える生理的な影響、症状に応じた治療法の選択のための臨床判断の概念、具体的な治療法の実施、効果、そしてリスク管理などについて実践的に学びます。

スポーツ予防学

身体力学的、心理学的、および病理学的な運動とスポーツに関わる現象を扱う学術的学問と、これらの専門分野の研究を臨床的に広く応用することで、身体活動、エクササイズ、スポーツに関する個人の身体機能を向上し維持することを目的とし、病気や障害の予防を学びます。

運動学

運動量疾患の構造と基礎を理解し、整形外科的診断、治療法を理解したうえで、骨折、脱臼、および神経、間接、脊椎、上肢、下肢の外傷、先天異常、骨軟部腫瘍、感染症等について学びます。

臨床的判断(画像理解)

基礎知識を活用し、臨床所見から施術に適する損傷であるかどうかを判断できる能力を身につけます。そのために必要な評価に適した画像がどのようなものかを明確にしたうえで、正常と異常の見分け方から、基本的な異常所見からの疾患・病状へのアプローチ法などの画像理解について学びます。

卒業後の活躍の場

独立開業

接骨院

福祉施設

病院・医院 (整形外科・リハビリテーション科など)

スポーツ施設 など

-社会で必要とされる柔道整復師に育つようサポート-

高度なストレスや高齢社会において、患者様が本来人間として持っている自然治癒力をより良く引き出し、それを活かす日本伝統医術に、科学的に検証された現代技術を取りれた「柔道整復」が注目されています。本学科では、医学的な基礎知識として人体の構造や機能、また、他校ではあまり経験できない生理学実習や海外解剖学実習などが学べます。その上で骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の軟部組織損傷の施術法を身につけることにより、専門職として接骨院開業はもちろん、医療機関での施術、スポーツ現場での応急処置や外傷予防、その他にも介護予防で活躍できる人材を養成します。

カリキュラム

学 年 分 野 科 目
1年次 基礎分野 医療論理、人間発達学、栄養学、情報処理概論、形態計測学、運動の科学Ⅰ、保健体育、外国語
専門基礎分野 解剖学Ⅰ、生理学Ⅰ(動物系)、生理学Ⅱ(植物系)、整形外科学、柔道Ⅰ
専門分野 物理療法学、スポーツ予防学、保存療法、柔道整復学総論、包帯法、柔道整復特論Ⅰ、臨床柔道整復学Ⅰ(軟組損傷)、柔道整復実技Ⅰ (軟組損傷)、臨床実習Ⅰ
2年次 基礎分野 運動の科学Ⅱ
専門基礎分野 老年学Ⅰ(生理学特徴と変化)、スポーツ生理学、運動学、柔道整復術の適応、職業論理、社会保障制度、解剖学Ⅱ、解剖学実習、運動学、一般臨床医学、病理学概論、外科学概論、リハビリテーション概論、医学史、柔道Ⅱ、公衆衛生学
専門分野 老年学Ⅱ(外傷予防)、柔道整復特論Ⅱ、臨床柔道整復学Ⅱ(脱臼)、臨床柔道整復学Ⅲ(骨折上肢)、臨床柔道整復学Ⅳ(骨折下肢・体幹)、柔道整復実技Ⅱ(脱臼)、柔道整復実技Ⅲ(骨折上肢)、柔道整復実技Ⅳ(骨折下肢・体幹)、臨床実習Ⅱ
3年次 専門基礎分野 生体構造特論、生体機能特論、基礎医学特論、疾病特論、傷害特論、臨床医学特論、 柔道Ⅲ、関係法規
専門分野 臨床的判断(画像理解)、基礎柔道整復セミナー、臨床柔道整復学セミナー、柔道整復実技セミナー、臨床実習Ⅲ

教員紹介

國分 義之 (こくぶん よしゆき)

メディカルスポーツ柔道整復学科 学科長

資格、学位等

柔道整復師、修士(工学)

担当科目

臨床実習、包帯法

メッセージ

医学の科学的根拠を取り入れ、外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靭帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることを基本として、スポーツ現場や地域の方々に信頼され活躍できる柔道整復師を目指し、一緒に勉強しませんか!

大内 佳奈江 (おおうち かなえ)

メディカルスポーツ柔道整復学科

資格、学位等

柔道整復師

担当科目

臨床柔道整復学セミナー、関係法規

メッセージ

超高齢社会となった現在、柔道整復師が社会で活躍できる仕事の幅が広がってきましたが、高齢の患者様は基礎疾患を持つ方が多いため、以前に増して幅広い知識と専門性が求められるようになりました。また、患者様は身体だけでなく心も痛めている方が多くいらっしゃるので、思いやりの気持ちで患者様へ施術ができる柔道整復師を目指して頑張りましょう!目標を持ち努力する方をサポートします!

高野 正和 (たかの まさかず)

メディカルスポーツ柔道整復学科

資格、学位等

柔道整復師

担当科目

柔道整復特論、臨床柔道整復学、柔道整復学実技

メッセージ

近年、接骨院・柔道整復師がどんどん増え、業界内の規制や競争も厳しくなっています。ですが一方で様々なネットワークや超高齢社会により、しっかりとした対応力を身につける事で、今後柔道整復師が活躍できる場所は増やせると思います。医師指導のもと整形外科で携わってきた外傷の治療経験を踏まえ、国家試験合格はもちろん、柔道整復師業界の精鋭となる医療人の教育を目指しサポートします。プロを目指して一緒に勉強がんばりましょう!

斑目 真司 (まだらめ しんじ)

メディカルスポーツ柔道整復学科

資格、学位等

柔道整復師

担当科目

柔道整復学総論、柔道整復実技Ⅲ

メッセージ

当校卒業後、県内の接骨院で勤務してきました。
実際に臨床の現場で患者様と触れ合い、感じた事を学生の皆様に少しでも伝えられればと思います。
3年間という学校生活はあっという間に過ぎます。
国家試験合格を目標に一緒に頑張りましょう。