資料請求 オープンキャンパス

郡山健康科学専門学校

受験生のみなさまへ

卒業生のみなさまへ

採用ご担当者さまへ

在校生のみなさまへ

社会人・高校既卒者のみなさまへ

郡山健康科学専門学校 トップページ > 学科紹介 > 柔道整復学科

柔道整復学科

知識・技術とともに豊かな人間性を兼ね備えた柔道整復師に キース鍼灸接骨院

年限/3年(昼間 午前主) 定員/30名(男女) 付与される商号/専門士

取得できる資格
  • 柔道整復師国家試験受験資格
  • 厚生労働大臣指定の柔道整復師養成校である本校では、卒業と同時に柔道整復師国家試験の受験資格が取得できます。
めざす資格
  • (財)日本体育協会公認 スポーツリーダー
    (共通科目Ⅰ・Ⅱ)
卒業後の活躍の場
  • 独立開業
  • 接骨院
  • 福祉施設
  • 病院・医院(整形外科・リハビリテーション科など)
  • スポーツ施設 など

-社会で必要とされる柔道整復師に育つようサポート-

高度なストレスや高齢社会において、患者様が本来人間として持っている自然治癒力をより良く引き出し、それを活かす日本伝統医術に、科学的に検証された現代技術を取りれた「柔道整復」が注目されています。本学科では、医学的な基礎知識として人体の構造や機能、また、他校ではあまり経験できない生理学実習や海外解剖学実習などが学べます。その上で骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋や腱の軟部組織損傷の施術法を身につけることにより、専門職として接骨院開業はもちろん、医療機関での施術、スポーツ現場での応急処置や外傷予防、その他にも介護予防で活躍できる人材を養成します。

カリキュラム

学 年 分 野 科 目
1年次 基礎分野 人間発達学、栄養学、情報処理概論、形態計測学、運動の科学Ⅰ、保健体育、外国語
専門基礎分野 解剖学Ⅰ、生理学Ⅰ(動物系)、生理学Ⅱ(植物系)、整形外科学、柔道Ⅰ
専門分野 柔道整復学総論、包帯法、柔道整復特論Ⅰ、臨床柔道整復学Ⅰ(軟組損傷)、柔道整復実技Ⅰ (軟組損傷)、臨床実習Ⅰ
2年次 基礎分野 運動の科学Ⅱ
専門基礎分野 解剖学Ⅱ、解剖学実習、運動学、一般臨床医学、病理学概論、外科学概論、リハビリテーション概論、医学史、柔道Ⅱ、公衆衛生学
専門分野 柔道整復特論Ⅱ、臨床柔道整復学Ⅱ(脱臼)、臨床柔道整復学Ⅲ(骨折上肢)、臨床柔道整復学Ⅳ(骨折下肢・体幹)、柔道整復実技Ⅱ(脱臼)、柔道整復実技Ⅲ(骨折上肢)、柔道整復実技Ⅳ(骨折下肢・体幹)、臨床実習Ⅱ
3年次 専門基礎分野 生体構造特論、生体機能特論、基礎医学特論、疾病特論、傷害特論、臨床医学特論、 柔道Ⅲ、関係法規
専門分野 基礎柔道整復セミナー、臨床柔道整復学セミナー、柔道整復実技セミナー、臨床実習Ⅲ

教員紹介

國分 義之 (こくぶん よしゆき)

柔道整復学科 学科長

資格、学位等

柔道整復師、修士(工学)

担当科目

臨床実習、包帯法

メッセージ

医学の科学的根拠を取り入れ、外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靭帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることを基本として、スポーツ現場や地域の方々に信頼され活躍できる柔道整復師を目指し、一緒に勉強しませんか!

青崎 浩士 (あおさき ひろし)

柔道整復学科

資格、学位等

柔道整復師

担当科目

臨床柔道整復学Ⅰ・Ⅱ、柔道整復実技Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ、臨床実習Ⅲ

メッセージ

平成28年の4月より、名古屋から郡山の地に赴任してきました。
福島での生活は右も左もわからない状況ですが、平成6年から柔道整復師養成施設の専任教員として若き柔道整復師の育成に関わってきていますので、皆さんの将来への舵取りについてはまかせてください。一緒に将来に向けて船出をしていきましょう。

大内 佳奈江 (おおうち かなえ)

柔道整復学科

資格、学位等

柔道整復師

担当科目

臨床柔道整復学セミナー、関係法規

メッセージ

超高齢社会となった現在、柔道整復師が社会で活躍できる仕事の幅が広がってきましたが、高齢の患者様は基礎疾患を持つ方が多いため、以前に増して幅広い知識と専門性が求められるようになりました。また、患者様は身体だけでなく心も痛めている方が多くいらっしゃるので、思いやりの気持ちで患者様へ施術ができる柔道整復師を目指して頑張りましょう!目標を持ち努力する方をサポートします!

斑目 真司 (まだらめ しんじ)

柔道整復学科

資格、学位等

柔道整復師

担当科目

柔道整復学総論、柔道整復実技Ⅲ

メッセージ

当校卒業後、県内の接骨院で勤務してきました。
実際に臨床の現場で患者様と触れ合い、感じた事を学生の皆様に少しでも伝えられればと思います。
3年間という学校生活はあっという間に過ぎます。
国家試験合格を目標に一緒に頑張りましょう。